庭じまい事例① ヘーベルハウスの屋上を片付けて、園芸用の土とプランターを回収しました。 相模原市南区大野台N様邸(お庭の終活)

更新日:8月16日

神奈川県の相模原市(南区・中央区・緑区)を中心に、座間市、海老名市、厚木市、綾瀬市、大和市にお住まいの方のガーデニングや園芸、家庭菜園などで使わなくなった土を回収・処分する専門業者のグリーンパッドの小林です。

 

今回は、相模原市南区大野台にお住まいのN様邸の庭じまい事例を紹介します。


ご相談の内容は

「お母さまが暮らしていたヘーベルハウスの家に住むことになりましたが、屋上にたくさんのプランターと植物、園芸用の土があります。もともとガーデニングが趣味でお母さまが楽しまれていましたが、ご自身は園芸などを楽しむことがないので、片付けをして整理処分をしたい」というご相談でした。(庭じまい・お庭の終活)


回収前のヘーベルハウスの屋上の写真です


初めてN様のお宅にお伺いした時のヘーベルハウスの屋上の写真です。屋上には植木、草花、プランター(プラスチック、素焼きなど)、園芸用の土、支柱、園芸用の道具などが、屋上全体にたくさんありました。この量を屋上に上げるだけでも相当大変だったと思います。


正直なところどこから手を付けていこうか考えてしまいましたが、考えていても仕方がないので、「とりあえず少しづつ整理していこう!」と腹を決めて初日の作業を始めました。





「いよいよ作業開始です!」


屋上のプランターや植物を少しずつ移動をして整理しながら、持参した土のう袋に園芸で使われていた土を詰めていきます。写真のように沢山ある場合の片づけるコツとしては「同じ大きさ、同じ種類の鉢から集中的に片づける」です。そうすることで集中して片付けができ、作業も進んで気持ちがノッテきます。


初日にまとめた土です。屋上に上がる階段の横にまとめました。この土を明日から下に運んでいきます。1人でやるので大変な作業ですが少しずつ進めていきます。


事例②へつづく



 




閲覧数:99回0件のコメント